本日触れ合った動物とか摂取した食べ物とか浦々。
by kuricawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
連日行列の
a0001971_00013042.jpg
国立新美術館のミュシャ展、大盛況ですね。
確かにスラブ叙事詩はとてもよかった。

日本でこの巨大な連作全てを見ることは
もう一生でこの機会だけかも知れない!と
必死で観に行ったのです。

a0001971_00013079.jpg
公開初週の平日だったので、割とがらーん。

連休に観に行った友達も割と空いてた、と
言っていたので、混雑してたのは閉期間際の
今のタイミングだけみたいですね。
それでも絵が大きいので、中に入れば
しっかり鑑賞できたと思います。

a0001971_00013175.jpg
撮影可のゾーンがあるのが今時な
試みだなあ、と思いました。

でもあの圧倒的な力はその場に立ち会って
絵と向かい合わないとー!という感じが
ありますね。

スラブ史は詳しくないのですが、絵からは
静かで頑ななパワーが伝わりました。
名画と呼ばれるものは、饒舌なほどに
こちらに語りかけてくる騒がしいタイプが
多いんですが、この一連の絵画は余りに
寡黙でそれでいて曲がらない信念がある。

a0001971_00013192.jpg
柔らかい筆致、美しい曲線、粒子に反射する
光る空気感、そして力強い視線。

ミュシャの肉筆のこれでもか!という
力が十二分に堪能できる展示でした。
流石にもう国内でスラブ叙事詩を観るのは
できないだろうな〜とは思うのですが、
このような大作(物理的に本当に
大きかった)は無理でも、またミュシャの
肉筆画が展示される機会があれば
足を運びたいなーと思っているのです。

観ることができてよかったなー。

ミュシャ展
[PR]
by kuricawa | 2017-06-04 23:49 | 博物館 | Comments(0)
<< またまた 大福 >>