本日触れ合った動物とか摂取した食べ物とか浦々。
by kuricawa
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
タグ:滝 ( 6 ) タグの人気記事
AKM48
a0001971_0243726.jpg
昨日は赤目四十八滝に行ってたのです。

やたら蒸し暑い日が続くので
暑気払いに涼しげな画像を
いっぱい載せておきます(笑)

a0001971_025346.jpg
昨日も湿度が高かったですが、
赤目辺りだと気温は若干低く、
とにかく水面際が気持ちいい。

暗い画像が多いのは、歩道が
ほとんど木陰だからです。
山深くて日が届かないところも
多かったー。

a0001971_0255479.jpg
今回は荷担滝まで歩きました。
目安では入り口から70分とありましたが
撮ったり休んだりしながら歩いたので
行きはその倍くらい掛かった気がします。

まだまだ涼しげな滝画像をお届けします~。
[PR]
by kuricawa | 2011-06-25 01:24 | 紀行文 | Comments(0)
養老の滝
a0001971_23554514.jpg
ドザザー。

久し振りに滝へ‥‥滝を観に行きたいの‥‥と
この猛暑中ずっと考えていたのです。
今日はふらりと近鉄と養老鉄道を乗り継いで
(昔は養老鉄道も近鉄だったんですが‥‥)
養老の滝に行ってきました。

駅からは結構歩くのですが、舗装されているし
(途中からは砂利道ながら整備されている)
すぐよ、すぐ!とか思ってたけど、いやいや結構
普段の運動不足がたたって、着く頃には
息が上がっていましたよ~。

しかし、平日だったせいか、まだ小さい子供連れの
家族とか、シニアとか、私より本来体力なさそうな
人たちもすいすい上ってて‥‥すみません(笑)

a0001971_23563257.jpg
ちょっと下った、養老神社というところに湧いた
菊水泉という湧き水。
本来養老の滝と同じところに湧いていたそうで。

下流で自由に水を汲むことが出来ます。
飲んでみたけどまろやかで美味しかった!

a0001971_23572156.jpg
養老神社の狛犬がすごいいい顔で、なんだか
細かく文句を言ってるのが馬鹿らしくなりました。
はは!空気も美味しいしね!

既に下り坂で足が上がらなくなっているのを
感じながら、昔ながらの御土産物屋さんを
眺めて(ひょうたんが名産なので、大体が
ひょうたん屋さん。お土産品もいろいろ置いてます)
養老公園内の楽市楽座・養老へ。

a0001971_23581679.jpg
めん工房・清水の天命そば650円と
養老ラムネ130円。

あまごの甘露煮と山菜が入ったおそばと
地サイダーならぬ地ラムネ。
思ったよりそばのコシがしっかりとしていて
あまごの甘露煮も美味しかったなあ。

養老は水が美味しいので、昔から地サイダーで
有名らしいのですが、地ラムネまであったとは!
とはいえ、ラムネを飲むのが久し振りすぎて
普通のラムネとの違いが良く判らなかったの
でした‥‥。
続く!
[PR]
by kuricawa | 2010-09-29 23:58 | 紀行文 | Comments(0)
全て暑さのせいにして
まだまだ残暑厳しいですね。
明日雨の予報なので、一雨過ぎれば多少は
この暑さも落ち着くのでしょうか。

暑いせいで、食欲が減退しております。
だいたい1日1食に減ってしまいました。
(+間食を少し)
暑いので、仕事しようと机に向かった途端
猛烈に眠くなります。

なんとかせねば‥‥。

a0001971_2114454.jpg
せめて画像は涼やかに。
先日立ち寄った、富士宮の白糸の滝にて。これは音止の滝。
富士宮じゃあ、朝霧高原ソフトを食べ損ねたんだよ‥‥。
焼きそばでお腹一杯になりすぎて)

コメントへのレス、滞っておりますが、仕事一段落付くまで
少々お待ちくださいませ。すみません~。
[PR]
by kuricawa | 2007-08-27 21:17 | 紀行文 | Comments(0)
出羽三山
気になるから湯殿山に行きたい!即身仏見たい!!との思いが
今回の旅行の中核だった訳です。
気になったんだよね〜。あとゴーストが湯殿山と囁いた。
(ピンポイントな囁き)

とは言え、湯殿山はお祀りしてある御神体について
語る事は古からの禁忌であります(もちろん撮影も禁止)
しかし閉鎖的ではないよ。実際御神体は人目に付かぬ扉の奥に
鎮まって、外から拝むだけってスタイルはよくある訳だし
それに比べて、屋外で、誰の目にも触れるスタイルだもの、
むしろあけすけ。

実際開放感もあるし、おおらかだし、安心感のある山でした。
湯殿山面白い!大好きになった。
a0001971_23244773.jpg
湯殿山・含満の滝(上段)、羽黒山・参道の石段(下段)

カンマンの滝って‥‥不動明王の滝って事かと今気付いた。
(不動明王の種子(梵字)がカンマンだと思ったけど。確か)
羽黒も湯殿も神社になってけど、本来、山岳修験なので密教系
(仏教)なのね。明治のアレでナニして今に至るのね。

羽黒山はこんな石段が2446段も続くのです‥‥。
結構ナメてかかって酷い筋肉痛になりました。歩行中のしんどさは
ともかく、本当に筋肉痛がね。次の日動きがロボコップ演芸だもん。
お堂より山そのもののが深みがあって面白かったですよん。
羽黒修験の先達も見たしね。グッと来るぜ山伏。

今度は月山に登りたい!(また行く気マンマン)

*お知らせ*
今回の旅の携帯更新分の記事に、追記やリンクを加えました。
あと、↓にも出羽三山紀行文を‥‥(即身仏まるきり人扱い)
でハ三ざんにまうづ。そのいち。そのに。まとめ。
興味をもたれた方、宜しければ是非ご覧下さいまし〜〜。
[PR]
by kuricawa | 2005-08-31 23:34 | 紀行文 | Comments(5)
鳳鳴四十八滝
a0001971_14572433.jpg
マイナスイオン出てます。

作並温泉の近くの滝を見に来ました。
下まで降りられなかった…
近くに下までの獣道があったのですが
軽装備の素人単品で挑むには難易度高い60度程の
斜面だったので撤退しました。

++++追記++++
画像上が鳳鳴四十八滝の上部。画像下は獣道から覗いた
広瀬川上流の渓谷(一応これでも斜面を80cmほど下っている)
ご覧のように、獣道からの光景は大変美しく、新緑がぴかぴかと
輝き、水はさらさらと流れて私を誘うのですが、無理でした‥‥。
本当に下まで降りたかった‥‥‥。
冷たい水に手を浸したかった‥‥‥。無念であります。

なお、滝を見る前に日帰り入浴で立ち寄ったのは作並ホテル。
作並の日帰り湯を調べていたらオススメされてたので
迷わずココに。入浴600円というのも安いし(日帰りのバス送迎はなし。
でも作並駅〜作並元湯(最寄りのバス停)まで片道200円なので
計千円と考えても、他のホテルよりも安い方に入るかと)
泉質も良かった。露天に塩素を混ぜていないのも珍しい。
(内湯は掛け流しでも、露天は循環にしてたり、衛生面から塩素を
混ぜている温泉の方が多いので)

a0001971_15125826.jpg
画像上・女湯内湯、画像下・女湯露天。
こうやって撮る事が出来たというのも、貸し切り状態だったため。
600円でこのホテルの温泉一人占めよ〜♪平日午後2時という時間の
せいか、作並ホテルが日帰り湯を派手に宣伝していないせいか。
どちらにせよヨカッタ。思わず泳いじゃったよ。
[PR]
by kuricawa | 2005-06-22 15:58 | 紀行文 | Comments(5)
早戸の大滝
今日は海月さんと一緒に、裏丹沢から早戸の大滝目指して
歩いて来たのです。
歩いた、と言っても、とんでもない山道と言うか獣道で、
ちょっとした探検隊でした。
こういうの、精神年令が小学校低学年から進化していない
私にとっては、大好物なのです。

途中、無理ないように休憩取りつつ、道なき道を進む事
2時間。
丹沢と裏丹沢の断層がぶつかっている所に
早戸の大滝はあるのです。
もう当然四方は山。ヨモヤマって感じですよ。
携帯も圏外の純山奥。
渓流は清々しいは、新緑は瑞々しいは、小鳥のさえずりが
そこここで聞こえるは、空気の味が全然違うはで、気分
リフレッシュして来ましたよ。

でも気軽に行けるとこではないかもね‥‥。
探検の装備で出かけて下さい。
a0001971_224734.jpg
ルートを2/3ほど進んだ所にある、小さな段々の滝。
そこかしこがこんな風景です。木と水と岩と空しか見えません。
ブナの木の若葉の、生命湧き出るような黄緑色が、
とても美しかったのです。
[PR]
by kuricawa | 2004-05-02 22:48 | 紀行文 | Comments(2)