人気ブログランキング |

本日触れ合った動物とか摂取した食べ物とか浦々。
by kuricawa
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
カテゴリ:博物館( 33 )
UNCO
a0001971_02404746.jpg
横浜アソビル・waccaでザンギやポテト食べたり。

今日はご無沙汰もご無沙汰、タロマゴ&
スケさんキイカさんの5人で横浜へ。
ちょっと早めに集合して、お茶でも!と
言いながら、注文したのは芋と肉だった。

いや、人数いる時はポテトフライ唐揚げ系を
なんとなく頼んでおくと、皆お腹すいてないー
とか言ってる割にだらだら食べて消えるよね!
その典型例でしたね‥‥。

フライドポテトも冷凍を揚げたのではなく
ちゃんと北海道産〜て感じのフレッシュさで
ザンギも揚げたてホフホフで道産子の
スケさんもニッコリの本場のお味。
添えられたサラダのドレッシングが
ナッツが香ばしくて後引く旨さでした。

a0001971_02404860.jpg
飲み物は北海道ガラナでしたねー!
北海道だねー!(私以外はお酒)

時間潰しな感じで入ったのですが、
5人という半端な人数でゆったりと座れる
奥まったソファ席に案内してもらえたので
話も弾むしザンギ美味しいしで満足。

そして今日のメインイベントはこの後。
同じビルの2階に入っているーーー

a0001971_02405035.jpg
うんこミュージアムでした。
産まれたのは金のうんこ‥‥!!

意外(?)にも大人気で、土曜というのもあり
前売りも売り切れ回が多くて最終の入場回で。
でも逆に人の密度もそこまでじゃなく、
お子様もちらほら程度だったので、のんびり
まったり回るのにちょうど良かったかも。

a0001971_02410363.jpg
いちいちがこういううんこネタですね。

なので、割と仲間のおもしろショットを
どう撮るかが楽しみ方として大部分を
占めた訳なのですが、そこは安心のメンツ、
各々のカメラロールに味わい深い画像を
たんまり収めることに成功したのでした。

というか、おもしろショットを撮れない
メンツで来たらダメなところだな!?

a0001971_02405227.jpg
チームラボっぽいLEDうんこの明滅。
(特に没入感は発生しません、けど綺麗)

程よく知能指数が下がって、いい感じに
しょーもなくはしゃげるメンツで遊んで
楽しかったー!て後腐れなく盛り上がるのに
ちょうど良いくだらなさでした。

MC担当のキャストの人のテンションが
本当すごかったなー。プロです。

by kuricawa | 2019-06-09 02:40 | 博物館 | Comments(0)
上野周辺
a0001971_03330399.jpg
御徒町・アーンドラ・キッチンのBランチ1090円。
カレー3種(チキン、野菜、マトン)に
サラダ、ライスとナンorチャパティ。
ラッシーもついてきます。

食べたのログ。
御徒町の老舗南インドカレーのお店。
南インドらしく、スパイシーながら
ちょっとあっさり目のカレー。

ほんのり辛めなのはマトンくらいで、
スパイス使いは鮮やかながら、
辛みはそんなに強くないカレーです。
パラパラのバスマティ米が合います。

当然ですがこれ、お腹いっぱいに
なりますねー。

a0001971_03330573.jpg
で、上野の博物館で仏像を見ていたのです。

快慶の十大弟子像や定慶の六観音など。
これは定慶の六観音のうち聖観音です。
(特別展は普通撮影禁止が多いのですが
六観音像のうちこれだけは撮影可でした。
最近こういうパターン増えましたね)

とにかく快慶の巧みさというか、物の
捉え方と情報を最適化して造形する技が
改めてすごいなーと感じたりしました。

秋の庭園公開期間だったのですが、
展示に夢中で見そびれてしまった‥‥。
また来年ですなー。

by kuricawa | 2018-11-04 03:32 | 博物館 | Comments(0)
展覧会いろいろ
a0001971_04182096.jpg
目黒雅叙園の和の灯り×百段階段展へ。

チケットを戴いたのでふらりと〜。
平日なのに大盛況でした。

この画像のねぶたをはじめ、アートや
伝統工芸などの作家さんの作品が
あちこちに展示されています。

a0001971_04182260.jpg
でも、一番楽しかったのは、普段
撮影禁止のエリアで写真撮れる!と
展示物より内装を撮っていたこと(笑)

いやー、鏑木清方の絵もあったり、
見どころたくさんなんですよ。
古い作りなのでバリアフリーとは
程遠く、暗いところは足元の段差とかが
危なかったりするのですが。

障子の桟とかの意匠がいちいち凝ってたり
そういうのを見るのが楽しかったなー。

a0001971_04182371.jpg
その足で同じく目黒の庭園美術館の
ブラジルの先住民の椅子展へ。
これはワニの椅子。

動物などをモチーフにした、ブラジルの
先住民が儀式などに使った椅子、
どれもしっかり動物の特徴を捉えていて
ファニーな造形で見ているとこちらの
口元が緩んでしまいますね。

a0001971_04182579.jpg
そして庭美の旧朝香宮邸という
アールデコ建築もとても美しく。

建物も素敵〜とあちこち細かく眺めては
満たされた気持ちになってました。
本当に綺麗な建物だなー。

a0001971_04182638.jpg
そして川崎市民ミュージアムの
かこさとしのひみつ展。
入り口にだるまになっただるまちゃんが!

私のメンターともいえる、幼稚園の頃から
多大に影響を受けた作家である
かこさとし展、たいへん面白かった!!

原画の美しさ、膨大に蒐集された資料や
子供たちの記録、絵本というか子供に
対する真摯な取り組みと姿勢が伝わる
いい展示でしたね‥‥。

やはりいろいろ実物を見に行くのは
刺激になって面白いです。
引きこもってないで実際見てみないと!

by kuricawa | 2018-08-22 04:18 | 博物館 | Comments(0)
圧巻
a0001971_05361472.jpg
なんでやねん!

今日は川崎市市民ミュージアムに
みうらじゅんフェスを見に行きました。

よくテレビとかでも紹介している
小学生時代から作っているスクラップに
自作の漫画やエッセイを本にしたもの、
スケッチブック、自作の曲が詰まった
カセットテープなどなど‥‥。

ど、どれも量が多い!
ノルマを決めて自分で定期的に
異常な量の創作を編集して出す、
質量の異常さがすごくパワー‥‥!!

a0001971_05361682.jpg
わあー!仏像スクラップだ!!
中学の頃の私が感銘を受けたやつだ!

展示物の一部(こんな感じで机ビッシリ
二つ分あったけど及ばずあくまで一部)が
こうして複製されラミネートされて
自由に観覧出来るようになっています。

なんか、もう、本当に質量が異常に
すごくて、全部読むのは無理です。
しかし伝わるものが多すぎる。

a0001971_05361706.jpg
コレクションの数々も展示されてます。
これはおなじみ(?)甘えた坊主。

どの展示においても、きちんと
残して取っておいてある、数が多い、
誰も目をやらない点に独自の視点を
向けている、とか浮かんでくる気が
しなくもないですが、とにかく質量が。
あまりにも山盛りにされた質量が。

a0001971_05361975.jpg
イラスト原画ですら最終的にこの
山盛りにされた展示になってまして。

もうこれがみうらじゅんだなーと
端的に示された気がしました。
量、独自の視点、密度、とにかく山盛り。

各コーナーで流れている映像も楽しく
すごくいい展示でした。
還暦だけど僕小1のままなんですね、て
インタビューで話してたの最高だったなあ。

a0001971_05362001.jpg
新宿・クールで晩ご飯。オムライス900円。

そのあと新宿に寄って、超昭和〜な
喫茶店で昭和〜なオムライスを食べて
お家に帰りました。
濃密な1日だったわ‥‥。

by kuricawa | 2018-03-01 05:35 | 博物館 | Comments(0)
連日行列の
a0001971_00013042.jpg
国立新美術館のミュシャ展、大盛況ですね。
確かにスラブ叙事詩はとてもよかった。

日本でこの巨大な連作全てを見ることは
もう一生でこの機会だけかも知れない!と
必死で観に行ったのです。

a0001971_00013079.jpg
公開初週の平日だったので、割とがらーん。

連休に観に行った友達も割と空いてた、と
言っていたので、混雑してたのは閉期間際の
今のタイミングだけみたいですね。
それでも絵が大きいので、中に入れば
しっかり鑑賞できたと思います。

a0001971_00013175.jpg
撮影可のゾーンがあるのが今時な
試みだなあ、と思いました。

でもあの圧倒的な力はその場に立ち会って
絵と向かい合わないとー!という感じが
ありますね。

スラブ史は詳しくないのですが、絵からは
静かで頑ななパワーが伝わりました。
名画と呼ばれるものは、饒舌なほどに
こちらに語りかけてくる騒がしいタイプが
多いんですが、この一連の絵画は余りに
寡黙でそれでいて曲がらない信念がある。

a0001971_00013192.jpg
柔らかい筆致、美しい曲線、粒子に反射する
光る空気感、そして力強い視線。

ミュシャの肉筆のこれでもか!という
力が十二分に堪能できる展示でした。
流石にもう国内でスラブ叙事詩を観るのは
できないだろうな〜とは思うのですが、
このような大作(物理的に本当に
大きかった)は無理でも、またミュシャの
肉筆画が展示される機会があれば
足を運びたいなーと思っているのです。

観ることができてよかったなー。

ミュシャ展
by kuricawa | 2017-06-04 23:49 | 博物館 | Comments(0)
ワンダー!
a0001971_00551101.jpg
ロンドン自然史博物館の始祖鳥!
所謂ロンドン標本の本物だー!!

上野の国立科学博物館で開催中の
大英自然史博物館展に行って来ました。
入り口からオーデュボンのアメリカの鳥!
わー!

博物学が飛躍的に発達を見せた18世紀、
その舞台となったロンドン自然史博物館から
あれもこれも本で見たことある!な
超有名超目玉な展示物が目白押しになった
なんとも凄い濃密さの特別展でした‥‥!

a0001971_00551161.jpg
サーベルタイガー。

展示物は基本的に撮影可能。
しかし何より本物が目の前にあるという
存在感に圧倒されるものばかり。

当時の人々は、どんな気持ちで見たのか、
展示物の向こうにどんな新しい世界を
垣間見たのか、知見が、世界が広がる
わくわくが感じられたのです。

a0001971_00551204.jpg
自然史博物館といえば〜のドードー。

広がる世界にわくわくを感じると同時に
ドードーやリョコウバト、フクロオオカミ、
オオウミガラスなどの、自然保護の
観点が至らなかったのもあり、絶滅した
動物たちの標本もありました。

また、捏造されたピルトダウン人の標本も
展示されており、当時の博物学の熱を、
都合のよい面だけでなく、各方向から
焦点を当てる非常にわかりやすく
濃密な展示の数々でした。

a0001971_01015881.jpg
絶滅した巨大走鳥類、モアの標本。

このモアも含めて、絶滅動物の標本の
隣のモニターではCG復元した動物たちの
当時の姿(予想)の動画が流れていました。
それがどれも秀逸で楽しかったー。

現生の生態が近いと思われる動物から
類推して、それっぽく動きや生態を
(ちょっと盛ってる感ありで)復元した
動画、あまりにも愛らしすぎました。
フローリングで足を滑らせそうになりながら
横恋慕アタックを仕掛けるドードー、
あざとすぎます(笑)

a0001971_00594692.jpg
猫のミイラ。

知的好奇心をもりもりと刺激されて、
可愛いような、ほんのり人間の種として
罪悪感があるような、でも何よりも
ワンダーを感じましたね。
by kuricawa | 2017-04-29 00:25 | 博物館 | Comments(0)
こわカワ
a0001971_4413123.jpg
今日はOVER THE BORDERに行って
石井葉子さんの個展を見てきました。

一昨年の冬以来なので随分久しぶり。
少し怖くてとても可愛い妖怪たちが
山盛りになってお出迎えです。
今回は見せ方もいつもと違って
それも良かったですねえ。

その前に秋葉原とかにも行ってましたが
またそっちのログはおいおい。

a0001971_4413282.jpg
怖いような、可愛いような、
とぼけたような、なんとも言えない
この表情がまた好きだったりします。

a0001971_4413375.jpg
ギャラリー併設のカフェスペースで
アイスティ500円。

コースターが可愛いのです。

一服戴いて、一体一体の顔をじっくり
見ながら過ごしたらあっという間に
時間が過ぎておりました。
世界観のある展示物は楽しいなー。
by kuricawa | 2015-06-11 04:30 | 博物館 | Comments(0)
黒いちじく
a0001971_3441926.jpg
名駅・ベリーカフェの黒いちじくタルト650円。

昨日食べたやつ!
別にキワモノばかり食べた1日では
なかったのです。‥‥よ?
黒いちじく、ねっとり味が濃くて
美味しいから食べてみりん、と言われ。

確かにフレッシュで水気の多いような
ジューシー系の味わいの普段食べてる
いちじくとはちがって、濃厚な感じ。
まず食感がネットリ。
味もギュッと詰まったような‥‥。

これは佐渡産の金のクローバーという
品種だそうです。
佐渡といちじくってイメージないけど
これは素晴らしい名産ですね。

a0001971_3442066.jpg
そのあと横浜そごうに行って
トーベ・ヤンソン展を見てきました。

ファンというほどでもなく、まあ
近くまで出るしついでに寄るかーてな
気軽さで見たのですが、やはり生は
ワクワクしましたね。
ペン画の細密な筆致もですけれど、
芯の強さを感じる油彩なども素敵で。

グッズなどもたくさん出ていたけれど
図録くらいで我慢、我慢。

a0001971_3442092.jpg
夏の家も再現されておりました。

良い機会なので、ここらでちゃんと
ムーミンシリーズを読もうかしら。
by kuricawa | 2014-10-28 03:14 | 博物館 | Comments(0)
ホロタイプてんこもり
a0001971_063683.jpg
サイカニアのホロタイプ標本。

先月まで開催されていた、かはくの
ゴビ砂漠の恐竜展で撮ったもの。
この展示、派手さはそうないものの
実物、しかも1種につき1体しか
存在しないホロタイプ標本(その種を
特定するための指標にする基準になる
標本)の割合がすごく高い!!

全身揃ったような綺麗な標本も多くて
じっくりと見ても飽きない、コアで
良い展示でしたねー。

このサイカニアのホロタイプ標本は
頭部と上半身だけで、下半身は
別の個体のものなのだそうですが。
(しかもその骨、別の種類の可能性すら
あるという‥‥!)

a0001971_064120.jpg
プロトケラトプスの巣ごと化石。
赤ちゃんが15頭まとめて化石に。

これも有名な化石ですね。
複製でなく実物ですよー。おおー。
今も昔も変わらぬ自然の厳しさとか
繋がれて行く命の営みの変わりなさとか
そういうのはさておき小さいのは
なんか可愛いとか、あっちからとか
こっちからとかじっくりと眺めました。

本当にすごい密度だったなー。
こんな豪勢な展示、そうはないですね。
こちら、もうすぐ名古屋市科学博物館で
巡回展示が始まるそうですよ。
by kuricawa | 2014-03-07 23:51 | 博物館 | Comments(0)
深海展
a0001971_6154386.jpg
しんかい6500の原寸大レプリカ!

早朝の場所取りにはじまった、
姪の運動会な一日から回復して
ぼちぼち先日観てきた深海展
ログなどをー。

ダイオウイカはじめ、深海ザメとか
深海棲艦とか時代は深海!
ディープ・シーが大注目ですよ!!
そんな神秘の深海の特別展。

a0001971_6154544.jpg
ちなみにプロジェクションマッピング的
投影で、内部構造を何段階に分けて
説明してあったりします。

流行り乗っかり系というより割と
わかりやすいよう意図のある感じ。
展示もコンセプトをハッキリとさせ
順を追って理解を深められる形式。
さすがかはくの丁寧な展示です。

ダイオウイカは原寸大模型や
ホルマリン漬けなんかを展示していて
基本はビデオで短くまとめて、
それに関係する標本を並べる形式。

意外な小ネタも多かったなー。

a0001971_6154748.jpg
ダイオウイカのホルマリン漬けは
ちょっとグロテスクに感じる人も
多いだろうから、可愛いホオズキイカを。

深海生物の標本展示も結構ありました。
もともとかはくは常設でもその辺り
かなり充実している印象があるのですが
得意分野ってことですかね。

JAMSTECの全面協力ぷりも素晴らしい。
希望と浪漫にあふれるテーマでしたね。

a0001971_6155083.jpg
割と「母なる熱水噴出孔よー!」的な
展示のオチだった気がする‥‥!!

海底から、深海から命が生まれた!
地球すごい!奇跡だね!!
そして無限の可能性‥‥!!みたいな。

ほんと浪漫だったなー。
by kuricawa | 2013-09-29 05:43 | 博物館 | Comments(0)